Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む医師の私用PCが所在不明 - 東京女子医科大

東京女子医科大学付属八千代医療センターにおいて、患者情報104件が記録されたノートパソコンの紛失が発生した。

所在不明となっているのは、医師が個人で所有しているノートPC。2008年5月から2010年7月までの間に入院していた患者104人分の氏名、一部住所、生年月日、転院先医療機関の情報などが記録されていたという。

1月27日に医師が紛失に気付き、翌28日に病院へ報告。警察へ紛失を届けた。同院では対象となる患者に対し、報告や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

復興マラソン関係者の個人情報含むPCが所在不明 - 仙台放送
緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 東洋大
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
PCを電車内で紛失、顧客情報含む可能性 - 医療系人材派遣会社
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 北海道大
生徒の個人情報含むPCを一時紛失 - 東京工業高専
個人情報含むPCが盗難被害 - 日本診療放射線技師会
個人情報が保存されたノートPCが所在不明 - NICT