Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特許庁の端末3台がウイルス感染 - 特許未公開情報の流出は否定

特許庁の一部端末がウイルスに感染していたことがわかった。特許出願に関する未公開情報の流出は、確認されていないという。

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)の指摘を受け、同庁内の端末約4000台について調査したところ、2月4日に3台の端末がウイルスへ感染していることが判明したもの。

感染していたウイルスには、新種のトロイの木馬も含まれているが、今回の感染により特許出願に関連する未公開情報の外部流出などは確認されていないとしている。

同庁では2月5日に駆除を実施。引き続き監視を実施するほか、関係機関と協力してセキュリティ対策を強化する。

(Security NEXT - 2012/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
企業サイトや通販サイトなど関連21サイトが改ざん - マイクロマガジン
湯河原町、アダルトサイト閲覧職員を処分 - ネットバンク用PCがウイルス感染
PCの挙動を監視、脅威を検知する新製品 - トレンドマイクロ
マカフィー2016年版、マルチデバイス保護へ注力