Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、スマホ向けセキュリティサービスの不正アプリ検索に不具合

KDDIは、スマートフォン向けセキュリティ対策サービス「安心セキュリティパック」の不正プログラム対策機能が正常に動作していなかったことを明らかにした。不具合を修正するためには最新版の再インストールが必要だという。

「安心セキュリティパック」は、リモートロックやウイルス対策、遠隔サポートなど、スマートフォンのセキュリティ対策をパッケージとして提供するサービス。

同社によれば、同サービスで提供している「ウイルスバスターモバイル for au」の「不正アプリ検索」に用意されている「リアルタイム検索」機能において、サービスを開始した2011年11月より、最新情報をもとにした検索が行われていない状態だという。

不具合を修正するには、「ウイルスバスターモバイル for au」の最新版となる「同 2.0.0.1069」を手動でダウンロードしてインストールする必要があり、利用者に対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
仮想通貨の不正送金で利用者に全額補償 - Monappy
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる