Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、スマホ向けセキュリティサービスの不正アプリ検索に不具合

KDDIは、スマートフォン向けセキュリティ対策サービス「安心セキュリティパック」の不正プログラム対策機能が正常に動作していなかったことを明らかにした。不具合を修正するためには最新版の再インストールが必要だという。

「安心セキュリティパック」は、リモートロックやウイルス対策、遠隔サポートなど、スマートフォンのセキュリティ対策をパッケージとして提供するサービス。

同社によれば、同サービスで提供している「ウイルスバスターモバイル for au」の「不正アプリ検索」に用意されている「リアルタイム検索」機能において、サービスを開始した2011年11月より、最新情報をもとにした検索が行われていない状態だという。

不具合を修正するには、「ウイルスバスターモバイル for au」の最新版となる「同 2.0.0.1069」を手動でダウンロードしてインストールする必要があり、利用者に対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消
10月15日に「Adobe Acrobat/Reader XI」のサポートが終了 - 発売から5年
「Adobe Acrobat/Reader」が再アップデート - 不具合や脆弱性への対策で
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
2016年度の電気通信事故報告件数は6293件 - 重大事故は5件
MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー