Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エムオー、Android端末管理製品「LanScope An」を26カ国で発売

エムオーテックスは、Android端末の管理ソリューション「LanScope An」を、5月にリリースすると発表した。

120206mt_01.jpg
サービスイメージ(図:エムオーテックス)

同製品は、Android搭載へクライアントモジュールをインストールすることにより、ハードウェアやソフトウェアの管理、ログ取得、レポート機能などを利用できるソリューション。

通話先や通話時間、アプリの利用状況といった操作ログのほか、GPSによる行動ログを取得し、レポートを参照できる。またルールに違反した端末の警告や、トラブルの状況を把握できるセキュリティ機能を備えている。

また同製品とPC向け製品「LanScope Cat7」を組み合わせ、IT機器の資産情報や操作履歴を一元管理することが可能。

「Windows Azure Platform」を採用し、「Windows Azure Marketplace」を通じて世界26カ国で販売する予定。同社では販売より2年間で、30万ライセンスを販売し、4億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも