Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャスト、クラウドサービスにウイルスチェック機能を追加

ジャストシステムは、法人向けストレージサービス「InternetDisk ASP」と、ファイル送信サービスの「親展通信」にウイルスチェックオプションを追加した。

両サービスのオプションとしてエフセキュアのウイルス対策製品を採用したもの。「親展通信」では、同オプションにより送信ファイルのウイルスチェックに対応。センドバック機能や私書箱機能の利用時にもウイルスを検知できる。

また「InternetDisk ASP」では、アップロードやダウンロードの際、サーバ側で自動的にファイルに対してウイルススキャンを行うことが可能。検出時のアクションを管理者が設定できるほか、検出時にメールで通知する機能を備えている。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス