Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャスト、クラウドサービスにウイルスチェック機能を追加

ジャストシステムは、法人向けストレージサービス「InternetDisk ASP」と、ファイル送信サービスの「親展通信」にウイルスチェックオプションを追加した。

両サービスのオプションとしてエフセキュアのウイルス対策製品を採用したもの。「親展通信」では、同オプションにより送信ファイルのウイルスチェックに対応。センドバック機能や私書箱機能の利用時にもウイルスを検知できる。

また「InternetDisk ASP」では、アップロードやダウンロードの際、サーバ側で自動的にファイルに対してウイルススキャンを行うことが可能。検出時のアクションを管理者が設定できるほか、検出時にメールで通知する機能を備えている。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス