Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャスト、クラウドサービスにウイルスチェック機能を追加

ジャストシステムは、法人向けストレージサービス「InternetDisk ASP」と、ファイル送信サービスの「親展通信」にウイルスチェックオプションを追加した。

両サービスのオプションとしてエフセキュアのウイルス対策製品を採用したもの。「親展通信」では、同オプションにより送信ファイルのウイルスチェックに対応。センドバック機能や私書箱機能の利用時にもウイルスを検知できる。

また「InternetDisk ASP」では、アップロードやダウンロードの際、サーバ側で自動的にファイルに対してウイルススキャンを行うことが可能。検出時のアクションを管理者が設定できるほか、検出時にメールで通知する機能を備えている。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ