Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーの軽量暗号技術「CLEFIA」が国際標準規格に

ソニーは、同社が開発した共通鍵ブロック暗号アルゴリズム「CLEFIA」が、軽量暗号の国際標準規格「ISO/IEC 29192」に採択されたと発表した。

同暗号技術は、ブロック長が128ビットで、鍵長は128、192、256ビットから選択できるブロック暗号。最新の暗号設計理論をベースに、安全性とコンパクトな実装を目指して開発し、2007年に発表。ISO/IECへの標準化提案を進め、今回要件を満たして採択された。

ハードウェアとソフトウェアでの効率的な実装を同時に達成しており、リソースが限られた機器や省電力が求められる機器に応用することが可能。スマートカードやRFIDタグ、センサーネットワーク、医療機器などの利用も想定されている。

今後同社では、利用拡大に向け活動を展開。また同分野において引き続き研究開発を進めていく。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
ゲームプレイを強要するランサムウェア - データ欠損で復号不可のケースも
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響