Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、カントリーマネージャーに久保田則夫氏が就任

フォーティネットジャパンは、カントリーマネージャーに久保田則夫氏が就任したと発表した。

同氏は、エクストリームネットワークス、H3Cテクノロジージャパンで代表取締役社長を務めたのち、日本HPにて副事業本部長兼ネットワーク営業本部長を歴任。

2011年9月よりフォーティネットジャパンにて営業本部長を務めていたが、今回の人事でカントリーマネージャーへ昇格した。

(Security NEXT - 2012/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
カルソニックカンセイら、自動車分野のセキュリティで新会社設立
セキュアIoTプラットフォーム協議会が発足 - 日本発の標準規格化目指す
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化
ラック、茨城県警のサイバーセキュリティ対策に協力
IPA、重要インフラや産業基盤分野のセキュ人材育成で受講者募集
ラックの次期代表取締役社長に西本逸郎氏
SonicWallがDell傘下より独立 - パートナー戦略を強化
アーバー、国内に脅威調査チーム「ASERT Japan」を設置