Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃のバックドア通信を発見するFWログ解析製品 - 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、ファイアウォールログ解析製品の最新版「FIREWALLstaff 01-05」を、1月23日より発売する。

同製品は、ファイアウォールやUTMのログを解析できるソリューション。定期的なレポート作成と、インシデント発生時のアラート通知を行う。

最新版では、バックドア通信による外部への不正なアクセスを遮断した際のログを収集する機能を追加。ポート番号単位で、ファイアウォールが遮断した通信の接続元と接続先を集計する。

同機能により接続先情報から攻撃者を特定したり、接続元情報からバックドアを設置されたPCを早期に発見することが可能で、標的型攻撃による情報漏洩などに活用できる。

価格は、ファイアウォール1台あたり63万円から。対応ファイアウォールは、Juniper Networks NetScreen/SSG、Juniper Networks SRX、富士通 IPCOM EX、Check Point、Fortinet FortiGate、Palo Alto Networks PA。

(Security NEXT - 2012/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム