Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、エンドポイント製品にウェブフィルタリングやパッチ適用の確認機能を追加

ソフォスは、エンドポイント向けセキュリティソリューション「Sophos Endpoint Protection 10」を発表した。

logosh1.jpg

同製品は、サーバと各端末で動作するエージェントによりエンドポイントのセキュリティ対策を実現するセキュリティソリューション。

「Windows」や「Mac」「Linux」などマルチプラットフォームに対応しており、マルウェア対策やファイアウォールをはじめ、デバイスコントロール、暗号化など総合的なセキュリティ対策を提供する。

最新版では、従来のレピュテーションベースによる「URLフィルタリング機能」にくわえ、業務上不適切なウェブサイトへのアクセスをカテゴリごとに制限できる「ウェブフィルタリング機能」を搭載した。

また主要アプリケーションについて、更新プログラムの適用により脆弱性が解消されているか確認できる「パッチ・アセスメント機能」を追加。同社独自の優先度をユーザーに示し、対策を支援する。さらに端末の暗号化の統合管理を実現した。

今回よりライセンス体系を変更しており、すべての機能が利用できる「Endpoint Protection Enterprise」をはじめ、「ウェブフィルタリング」「パッチ・アセスメント」「データ保護」をアドオンとして必要なライセンス数のみ導入できる「Endpoint Protection Advanced」、マルウェア対策とデバイスコントロールに特化した「Endpoint Protection Basic」へとラインナップを拡充している。

100ユーザー導入時の参考価格は、「Endpoint Protection Enterprise」が9807円/年。「Endpoint Protection Advanced」「Endpoint Protection Basic」がそれぞれ5460円、2730円。

(Security NEXT - 2012/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス