Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Googleの決済サービスで購入者情報を閲覧できる不具合

Googleの決済サービスである「Google Checkout」において不具合があり、一部顧客情報が流出していたことがわかった。

同サービスは、Androidマーケットの支払いなどにも利用されている決済サービス。販売者に対して提供する情報をコントロールできることなどを特徴としている。

今回問題となったのは、本来販売者から確認できない購入者の一部個人情報が、閲覧可能となっていたもので、同社は「Google Checkoutマーチャントセンター」や同サービスの「API」に不具合が原因だっと説明している。

すでに同社では「Google Checkoutマーチャントセンター」について修正を終えており、APIについても近日中に修正を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
職員が業務システムで親族個人情報を目的外閲覧、外部漏洩 - 大阪市
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト