Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沈静化したスパムボットネット「Lethic」が再び活性化 - フォーティネットが観測

一時沈静化したボットネット「Lethic」が、再び活性化しており、大量スパム送信を行っている。米Fortinetが確認した。

「Lethic」は、2008年に確認され、違法薬品販売のスパム配布に利用されたことで知られるボットネット。一時流通するスパムの8から10%を占めるなど活発な動きが観測されたが、ISPなどの協力により、2010年はじめにテイクダウンに成功している。

しかし、2011年4月には再び活動を再開。同社では、同ボットネットから1日あたり約20億通のスパム送信を行っていることを確認しており、全体に占める割合が1.5%まで上昇しているという。

再びボットネットが成長している背景には、度重なる亜種の発生があり、12月にはこれまでと異なるあらたなトラフィックを同社では確認している。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
Kaspersky Labとインターポール、脅威情報共有の協定を更新
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中
海外製ネットワークカメラの脆弱性狙うアクセス - OEM展開で1000機種以上に影響
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し
総務省ら、ISP経由でマルウェア感染者に注意喚起 - 欧州大規模掃討作戦で得られた情報を活用
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化