Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沈静化したスパムボットネット「Lethic」が再び活性化 - フォーティネットが観測

一時沈静化したボットネット「Lethic」が、再び活性化しており、大量スパム送信を行っている。米Fortinetが確認した。

「Lethic」は、2008年に確認され、違法薬品販売のスパム配布に利用されたことで知られるボットネット。一時流通するスパムの8から10%を占めるなど活発な動きが観測されたが、ISPなどの協力により、2010年はじめにテイクダウンに成功している。

しかし、2011年4月には再び活動を再開。同社では、同ボットネットから1日あたり約20億通のスパム送信を行っていることを確認しており、全体に占める割合が1.5%まで上昇しているという。

再びボットネットが成長している背景には、度重なる亜種の発生があり、12月にはこれまでと異なるあらたなトラフィックを同社では確認している。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「memcached」を踏み台とする反射型DDoS攻撃、500Gbps以上のケースも
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化