Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MONET、米Protegrity製トークン化サーバを発売

MONETは、データのトークン化を実現する米Protegrity製アプライアンス「Protegrity Token Server」の提供を開始した。

同製品は、重要なデータをトークン化し、重要データの形式を保持したまま意味をなさない別のデータに変換できるソフトウェアアプライアンス。

データベースのデータをトークン化して格納することで、データベース内の情報漏洩が発生してしまった場合に本来のデータが漏洩することを防ぐことが可能。

トークン化したデータの復号は、許可されたユーザーやアプリケーションのみに制限することで、セキュアなデータライフサイクルを実現できる。

従来のトークン化技術で問題とされていたレプリケーションやコリジョンの発生について解決したとしており、複数の同製品を運用する場合もトークン化テーブルの同期は不要だという。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
システムの可視化や脆弱性をスキャンする「F-Secure Radar」
「PCI P2PE」の準拠支援サービスを提供 - NRIセキュア
DNP、「PCI DSS」への準拠を支援するコンサルサービス
BBSec、PCI DSS準拠評価サービスをアジア展開
TOKAIコミュニケーションズ、「PCI DSS準拠支援サービス」
富士通SSL、米FireMon製ファイアウォール運用ソフトを発売
NRIセキュア、PCIDSSサービスを海外展開
三井住友カードとNRIセキュア、加盟店向けセキュリティサービスを提供
ITプロフェッショナル・グループら、「PCI DSS」のeラーニングサービスを開始