Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、フィルタリング用DBの登録件数が6億を突破

デジタルアーツは、ウェブフィルタリング用の同社データベースに登録されたコンテンツ数が、6億件を突破したと発表した。

同社によれば、スマートフォンやSNSの利用増加のほか、動的コンテンツの急増などインターネットコンテンツが急増しているという。

標的型攻撃対策として「脅威情報サイト」など新カテゴリを設けたほか、同社では2011年に北米と欧州に現地法人を設立。従来の日本語、英語、中国語にくわえ、フランス語、スペイン語、ドイツ語など言語を拡大し、あわせて16言語に対応したことなどが、登録数の増加につながった。

(Security NEXT - 2012/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス