Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯音楽プレイヤーに「スピードラーニング」をコピーして販売した男性が逮捕

京都府警らは1月10日、ネットオークションを通じて英語会話教材の海賊版を販売した東京都立川市の無職男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は2010年11月20日ごろ、外国語会話教材「スピードラーニング英語(全48巻)」をコピーした携帯型デジタル音楽プレイヤー3台を3人に販売した。

一般からの情報提供により発覚したもので、警察の調べによれば、男性は2010年11月だけで90人に対し同様の手口で海賊版を販売し、約200万円を売り上げていたという。

(Security NEXT - 2012/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も
ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕