Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2011年に登場したAndroid向けマルウェアは1178件に - 10月以降に急拡大

2011年の1年間に登場したAndroid向けマルウェアが1000件を大きく上回った。パソコンを対象としたウイルスと比較すると数は少ないものの、急拡大している。

120111tm_01.jpg
累計Androidマルウェア数の推移(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロによれば、同社がセキュリティ対策ソフトの定義ファイルへ追加したAndroid向けマルウェアは、2010年末の時点でわずか5件だったが、2011年に入って徐々に増加し、9月の時点で238件まで上昇。さらに10月以降、それまでの5倍近い1178件まで急拡大した。

同社は、Androidについてコンテンツの自由度が高いことが攻撃の動機になっていると指摘。また汎用性が高く、閲覧時間が長いウェブサイトなども攻撃に利用される危険があるとして、ユーザーへセキュリティ対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件