Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバがスパム配信の踏み台に - リクルートエージェント

リクルートエージェントは、同社のメールサーバがスパムメール配信の踏み台に利用されたことを明らかにした。メール配信の遅延など業務にも影響が出たという。

同社によれば、1月6日にメールサーバが不正中継に利用されていることが判明したもので、同社に対するメールや同社から顧客に送信するメールが、最大16時間遅延するなどの影響が出たという。

同社では、不特定多数のインターネット利用者へ迷惑をかけたとして謝罪。被害の影響について調査を進めているが、個人情報の漏洩などは発生していないと説明している。

(Security NEXT - 2012/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
通販サイトかたるメールに注意 - マルウェアサイトへ誘導
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
NTTドコモのWi-Fiルータに脆弱性 - ゼロデイ攻撃でマルウェア感染も発生か