Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月から引き続きウェブ改ざんの被害報告目立つ - トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロは、12月のマルウェア検出状況や被害の報告状況を取りまとめた。

同社によれば、11月に引き続き、国内外いずれも「WORM_DOWNAD.AD」が最多で、国内で4848台、ワールドワイドで11万2991台から検出された。パスワードクラッキングツール「CRCK_KEYGEN」が前月同様に2位に続いている。

海外における検出状況は、偽セキュリティ対策ソフトの亜種である「TROJ_FAKEAV.DAM」が3位、「hostsファイル」を改ざんし、通信販売サイトへ誘導するアドウェア「ADW_KRADARE」が5位へあらたにランクインするなど、動きが見られた。

10位には、「Windows」のファイアウォールを停止するトロイの木馬「TROJ_SIREFEF.BX」が初登場した。システムが修復された場合も、再びシステムを改変する機能を備えているという。

(Security NEXT - 2012/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
「Office」数式エディタの脆弱性狙うマルウェア、一時大きく増加
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET