Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月から引き続きウェブ改ざんの被害報告目立つ - トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロは、12月のマルウェア検出状況や被害の報告状況を取りまとめた。

同社によれば、11月に引き続き、国内外いずれも「WORM_DOWNAD.AD」が最多で、国内で4848台、ワールドワイドで11万2991台から検出された。パスワードクラッキングツール「CRCK_KEYGEN」が前月同様に2位に続いている。

海外における検出状況は、偽セキュリティ対策ソフトの亜種である「TROJ_FAKEAV.DAM」が3位、「hostsファイル」を改ざんし、通信販売サイトへ誘導するアドウェア「ADW_KRADARE」が5位へあらたにランクインするなど、動きが見られた。

10位には、「Windows」のファイアウォールを停止するトロイの木馬「TROJ_SIREFEF.BX」が初登場した。システムが修復された場合も、再びシステムを改変する機能を備えているという。

(Security NEXT - 2012/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者