Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、2012年におけるスマホの脅威を予測 - 改ざんサイト経由の攻撃やボットネットが本格化

アンラボは、2012年におけるスマートフォンの脅威について見通しを示した。アプリやOSの脆弱性を悪用する攻撃や、ボットネットの本格化などを挙げている。

同社は、スマートフォンのユーザーが増加し、モバイル端末でウェブサイトを閲覧する機会が増えることから、ウェブサイトの改ざんにより攻撃が行われる可能性があると指摘。

ウェブサイト経由でアプリの脆弱性を攻撃し、多数ユーザーに感染させるリスクが高まっているとし、SNSやメールアプリの脆弱性も悪用されるおそれがあるという。

さらにOSのカーネルを攻撃してroot権限を取得する技術の進化や、いわゆる「ゾンビ化」したスマートフォンによるボットネットが本格化するとの予測を示している。

また攻撃地域についても変化するとし、2011年は、おもにヨーロッパ、ロシア、中国を対象としたマルウェアが中心だったが、それ以外の地域でもスマートフォン利用者が増加している地域では、今後攻撃の対象となるおそれがあると警告している。

(Security NEXT - 2012/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応