Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最近修正された「Adobe Reader」の脆弱性狙う新手攻撃 - PDFのAES 256ビット暗号化で検知逃れ

最近修正された「Adobe Reader」や「Adobe Acrobat」の脆弱性を狙う新種マルウェアが出回っているとして、シマンテックが注意を呼びかけている。

同社が確認したのは、12月16日にAdobe Systemsが緊急アップデートで修正した3Dデータを保存するU3D形式に存在する脆弱性「CVE-2011-2462」を攻撃するマルウェア。PDFファイルを装って出回っており、誤って開くと「Backdoor.Sykipot」を感染するおそれがある。

シマンテックによれば今回確認された亜種では、PDFの拡張仕様であるAES 256ビットによる暗号化が行われており、ウイルス対策製品の検知を逃れるという。

同社では、AES 256ビットの暗号化を利用する同様の攻撃に対し、ヒューリスティックによる検知で「Bloodhound.Exploit.439」として対応。修正版へのアップデートや「同X」の保護モードを活用するなど、脆弱性に対する攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
「Foxit Reader」がRCEなど多数脆弱性を修正
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートは11月14日に公開予定
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
国内防衛産業を標的としたサイバー攻撃 - サンドボックスの突破技術など搭載
「Foxit Reader」の脆弱性、アップデートで修正