Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最近修正された「Adobe Reader」の脆弱性狙う新手攻撃 - PDFのAES 256ビット暗号化で検知逃れ

最近修正された「Adobe Reader」や「Adobe Acrobat」の脆弱性を狙う新種マルウェアが出回っているとして、シマンテックが注意を呼びかけている。

同社が確認したのは、12月16日にAdobe Systemsが緊急アップデートで修正した3Dデータを保存するU3D形式に存在する脆弱性「CVE-2011-2462」を攻撃するマルウェア。PDFファイルを装って出回っており、誤って開くと「Backdoor.Sykipot」を感染するおそれがある。

シマンテックによれば今回確認された亜種では、PDFの拡張仕様であるAES 256ビットによる暗号化が行われており、ウイルス対策製品の検知を逃れるという。

同社では、AES 256ビットの暗号化を利用する同様の攻撃に対し、ヒューリスティックによる検知で「Bloodhound.Exploit.439」として対応。修正版へのアップデートや「同X」の保護モードを活用するなど、脆弱性に対する攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
「Ghostscript」脆弱性、悪用コード公開済み - 修正版は9月後半
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料