Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で氏名やアドレスを受信者間で閲覧可能に - トヨタホーム近畿

トヨタホーム近畿は、モニター募集メール52件を一斉送信した際、宛先の氏名とアドレスが表示された状態となるミスがあったと公表した。

同社によると、12月6日に「スマートハウスモニター募集案内」のメールを顧客52人に対し一斉送信した際、誤送信が発生したという。そのうち8件は未着だった。

操作ミスにより、受信者の氏名とメールアドレスが表示された状態となり、受信者間で閲覧可能な状態となった。同社では今回の事故を受け、メールを受信した44人の顧客に対し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エキストラ登録者へのメールで誤送信 - 牛久フィルムコミッション
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
メール誤送信で居宅介護支援事業所のメアド流出 - 福岡市
案内メールを誤送信、顧客メアド3100件が流出 - スワンフローリスト
ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
「メール119システム」の登録者向けメールで誤送信
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県