Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バンダイビジュアル、ウェブサイトを再開 - 個人情報漏洩はなし

バンダイビジュアルは、運営する複数サイトに不正アクセスを受け、ウェブサイトを一時停止していたが、運営を再開した。

不正アクセスの痕跡が見つかったのは「.ANIME」「Emotion Family Club」「デジタルビート」「デジタルバンビーノ」の4サイト。

12月19日に外部から不正アクセスを受けた痕跡を確認したことから、同日よりサイトを停止し、調査やセキュリティ対策を実施していたが、完了したとして12月21日に再開した。

同社は、再開にあたりあらためて個人情報の漏洩がなかったことを強調。また不正アクセス対策の強化やシステム侵入や脆弱性のモニタリングなど対策を実施している。また一部サイトにおいて、今回のサービス停止により、商品受注の受付締切日が変更となるなど影響が出た。

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致