Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出数と感染数ともに「WORM_DOWNAD」がトップ - トレンド年間レポート

一方国内の感染報告数のランキングを見ると、「WORM_DOWNAD」が1位だった。改ざんなどで埋め込まれ、不正サイトに誘導する「MAL_HIFRM」が、2010年の7位から2位に順位を上げている。

3位には、リムーバブルメディア経由で感染する「MAL_OTORUN」、4位には偽セキュリティ対策ソフト「TROJ_FAKEAV」が入った。

同社は2011年の傾向として、特定の企業や組織を狙った標的型攻撃が国内外を問わず目立っていると指摘。攻撃が成功するまで何度も攻撃を行うなど執拗で、手口も悪質化している。

今後は、攻撃の成功率を高めるため標的をさらに入念に調べて準備する可能性があるという。SNSなどで公開されている個人情報や交友関係を利用して騙す手口も考えられるとして、注意を促している。

2011年の国内の不正プログラム検出状況は以下のとおり。

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:CRCK_KEYGEN
3位:WORM_ANTINNY.AI
4位:PE_PARITE.A
5位:WORM_ANTINNY.JB
6位:WORM_ANTINNY.F
7位:HKTL_KEYGEN
8位:ADW_EOREZO
9位:BKDR_AGENT.TID
10位:ADW_YABECTOR.SM

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し
ESETによる3月のマルウェア検出、JavaScript型が20ポイント以上減
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
ネットバンキングの不正送金、2016年は1291件で16.8億円の被害
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し