Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「au oneショッピングモール」がサービス停止 - 不正ログインの形跡

KDDIとディー・エヌ・エーは、共同で運営する「au one ショッピングモール」に不正ログインがあったとして、サービスを停止した。

同サービスのパソコン向けサイトにおいて、不正にログインがあり、購入手続きが行われた形跡が判明したもので、事態を重く見た両社は、12月15日19時50分より携帯電話向けサイトを除くパソコンとスマートフォン向けのサービスを停止した。

12月11日から14日にかけて顧客から3件の指摘があり、調査を実施したところ判明。171件の顧客アカウントに対して不正ログインがあり、4件で不正購入があった。いずれもすべてキャンセル処理を実施し、金銭的な被害はないという。

また不正ログインされたアカウント情報のうち、一部では氏名や住所、電話番号、メールアドレス、送付先情報など個人情報を閲覧された可能性がある。クレジットカード情報はマスキングや暗号化が実施されていた。

両社では、今回の不正ログインについて詳しい原因を調べているが、不正アクセスによる内部からのパスワード流出ではないとの見方を示している。

同社では、関連する顧客へ事情を説明し、謝罪する予定。またセキュリティ対策の強化を実施した上でサービスを再開する見込み。

(Security NEXT - 2011/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
東邦ガスの会員向けサイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生
東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
なりすましで人事情報を不正閲覧、職員を懲戒処分 - 富田林市
ロート製薬の会員サイトに不正アクセス - パスワードなど閲覧被害