Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

67種類以上の端末情報を一元管理できるSaaS型MDMサービス - NTTデータジェトロニクス

NTTデータジェトロニクスは、Absolute SoftwareのMDM製品「Absolute Manage MDM 6.0」を活用したSaaS型モバイル端末管理サービスを提供開始した。無償トライアルの受付も開始している。

同サービスは、iOS端末とAndroid端末を一元管理できるソリューション。端末識別番号やMACアドレス、インストール済みアプリ、電話番号など含む67種類以上の端末情報が一元管理できるほか、組織のセキュリティポリシーに反する「Jailbreak」や「root化」の検出も行える。

また、リモートからのロックやデータ消去、パスワードリセット、端末追跡のほか、アプリやプロファイルの一括配布に対応。SaaS型サービスのため、MDMサーバの設置が不要で、システム導入やメンテナンスのコストが軽減できる。

価格は、初期導入サービス料が5万8800円。クライアントライセンスが1デバイスあたり年額1890円。サービス基本利用料が999デバイスまで年額25万2000円となっている。

(Security NEXT - 2011/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応