Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

67種類以上の端末情報を一元管理できるSaaS型MDMサービス - NTTデータジェトロニクス

NTTデータジェトロニクスは、Absolute SoftwareのMDM製品「Absolute Manage MDM 6.0」を活用したSaaS型モバイル端末管理サービスを提供開始した。無償トライアルの受付も開始している。

同サービスは、iOS端末とAndroid端末を一元管理できるソリューション。端末識別番号やMACアドレス、インストール済みアプリ、電話番号など含む67種類以上の端末情報が一元管理できるほか、組織のセキュリティポリシーに反する「Jailbreak」や「root化」の検出も行える。

また、リモートからのロックやデータ消去、パスワードリセット、端末追跡のほか、アプリやプロファイルの一括配布に対応。SaaS型サービスのため、MDMサーバの設置が不要で、システム導入やメンテナンスのコストが軽減できる。

価格は、初期導入サービス料が5万8800円。クライアントライセンスが1デバイスあたり年額1890円。サービス基本利用料が999デバイスまで年額25万2000円となっている。

(Security NEXT - 2011/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1