Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティメールサービス「IIJセキュアMXサービス」に大容量オプション

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、企業向けSaaS型セキュリティメールサービス「IIJセキュアMXサービス」に、オプション「メールボックスプラス」を12月19日より追加する。

同サービスは、「迷惑メールフィルタ」や「添付ファイル暗号化」「送信一時保留」「メールアーカイブ」「メール監査」など、組織向けのセキュリティ対策機能を備えたメールサービス。

今回提供するオプションでは、大容量のメールボックスを提供するサービスで、10Gバイト単位で追加することが可能。利用状況に応じて拡張することができる。

拡張した容量は、ユーザー全員でシェアすることができ、1ユーザあたりの容量を制限できるなど柔軟な運用にも対応している。

またPOP、SMTPに加えて、IMAPに対応。トランスウエアの「Active! mail」を採用しておりウェブメールが利用。また接続プロトコルによって、接続できるIPアドレスを制限することができる。

(Security NEXT - 2011/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ