Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、スマホにファイルの閲覧履歴やキャッシュ残さない新サービス

NTTコミュニケーションズは、リモートアクセスサービス「モバイルコネクト」において、スマートフォン向けセキュリティサービスを追加した。

今回提供を開始したのは、「セキュアブラウザ機能」。メールの添付ファイルや組織ネットワークにあるファイルをスマートフォンで閲覧する際、端末にキャッシュやアクセス履歴を残さずに閲覧することができる。

また「Office」や「PDF」などの文書を変換し、ブラウザ上で閲覧可能にする「ファイルビューア機能」を提供。さらにオプションとして、本人認証と端末認証の多要素認証により不正アクセスを防止する機能を用意した。

対応OSはAndroidで、12月中旬よりプラットフォームを拡大し、iOSに対応する予定。同社では、2012年3月31日までに「モバイルコネクト」を新規で申し込むと、月額料金が最大58%割引になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2011/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも