Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、仮想環境で危険性を検証するFireEye製品を取扱開始

ネットワークバリューコンポネンツは、12月より米FireEye製品の取り扱いを開始する。

標的型攻撃など、個別にマルウェアが作成され、定義ファイルベースの対策が難しい状況を受け、多重防御を実現するFireEye製品の取り扱いを開始するもの。初年度5000万円の売上を目指して展開する。

FireEyeのアプライアンスでは、不審なファイルやウェブページに対し、アプライアンス内の仮想環境で、リアルタイムに実行したり、アクセスすることで検証することが可能。問題があればブロックできるほか、他セキュリティゲートウェイとの連携にも対応している。

また外部からのアクセスに限らず、マルウェア感染端末など内部から外部サーバに対する通信についてもチェックできるほか、クラウド上の「Malware Protection Cloud」とリアルタイムに情報を共有し、最新の脅威に対応できる。

(Security NEXT - 2011/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数