Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NVC、仮想環境で危険性を検証するFireEye製品を取扱開始

ネットワークバリューコンポネンツは、12月より米FireEye製品の取り扱いを開始する。

標的型攻撃など、個別にマルウェアが作成され、定義ファイルベースの対策が難しい状況を受け、多重防御を実現するFireEye製品の取り扱いを開始するもの。初年度5000万円の売上を目指して展開する。

FireEyeのアプライアンスでは、不審なファイルやウェブページに対し、アプライアンス内の仮想環境で、リアルタイムに実行したり、アクセスすることで検証することが可能。問題があればブロックできるほか、他セキュリティゲートウェイとの連携にも対応している。

また外部からのアクセスに限らず、マルウェア感染端末など内部から外部サーバに対する通信についてもチェックできるほか、クラウド上の「Malware Protection Cloud」とリアルタイムに情報を共有し、最新の脅威に対応できる。

(Security NEXT - 2011/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加