Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報を公衆トイレに置き忘れ紛失 - 天草信金

天草信用金庫は、顧客情報が含まれた書類や携帯端末を、従業員が公衆トイレに置き忘れて紛失したことを明らかにした。

10月20日、従業員が集金業務中、公衆トイレに集金鞄ごと書類や携帯端末を置き忘れたもので、次の取引先へ向かう途中に気付き、引き返したが鞄は持ち去られた後だった。

紛失した書類には、個人顧客30件および法人顧客5件の氏名、住所、勤務先、口座番号、顧客番号、預金残高などが記載されていた。このほか、担当地区の顧客情報が登録された携帯端末を紛失しているが、セキュリティロックがかけられているという。

警察へ届け出て周辺の捜索を行ったが、見つかっていない。対象となる顧客には、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2011/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
トイレに置き忘れ、生徒の個人情報含む資料が所在不明に
委託先が水道使用者の個人情報含む検針機器を紛失 - 柏市
生徒の個人情報含むUSBメモリを駅トイレで置き忘れ、盗難 - 京都産業大付属高
地権者の個人情報や工事関連資料など含むHDDを紛失 - 奈良県
合併した旧AIGエジソンの契約者リストを駅トイレで発見 - ジブラルタ生命
千葉市委託先のPC盗難、別の駅トイレから回収 - PCの使用形跡なし
腹痛でトイレに行った間に車上荒らし被害 - 仙台市の嘱託職員
学生の個人情報含むノートPCがトイレの手洗い場から盗難 - 早大
トイレに入った数分間に顧客情報が車上荒らし被害 - 但馬信金