Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRI、BCM成熟度の評価サービスを提供 - 初回診断は無料

野村総合研究所は、企業における事業継続マネジメント(BCM)の成熟度を評価するサービスを提供開始した。

今回同社が開始したのは、想定外の災害などに対する耐性など、BCMの実施状況をアンケートで評価するサービス。

「BS25999」をもとに同社が開発した「BCM成熟度指標モデル」を利用。「プログラムマネジメント」「組織の理解」「事業継続戦略」「初動体制」「訓練、レビュー」の視点から調査し、結果をもとに6段階で成熟度指標を算出する。

業種や売上高、従業員数など、企業属性が類似した他社との比較することが可能。1回あたりの料金は10万円。初回の診断は無料で提供する。

(Security NEXT - 2011/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
政府、重要インフラの分野横断的な演習を実施 - 約2000人が参加
情報漏洩対処の平均コスト400万ドル - CSIRT活用で40万ドル抑制
富士通、事業継続や投資面から企業のセキュリティ計画を支援
2015年国内セキュリティ製品市場規模は2699億円 - 前年比4.9%増
2015年度セキュリティ市場予測、前年度比5.9%増となる5466億円
官民参加のサイバー防御演習「CYDER」 - 運用を考慮した攻撃対応力の養成目指す
事業継続性競う「Hardening 10 ValueChain」が11月に開催