Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実被害も発生、IDやパスワードの管理に注意を - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、オンラインサービスに対し、大規模ななりすまし攻撃が発生しているとして、注意を呼びかけた。

ポイントサービスやオンラインバンキング、オンラインショッピングサイトにおいて、窃取したIDやパスワードを用いたと見られるなりすまし事件が発生していることから、インターネット利用者にセキュリティ対策の実施をあらためて呼びかけたもの。

同機構は、IDやパスワードが第三者に取得されるケースとして、「ウイルス」と「フィッシング」を挙げ、ウイルスの感染経路は、実在する機関を名乗る「標的型攻撃」をはじめ、メールの添付ファイルが一因であると説明。

さらにウェブサイト閲覧時にOSやアプリケーションの脆弱性を攻撃して感染する「ドライブバイダウンロード」攻撃があり、SNSサービスから言葉巧みに不正サイトへ誘導する手口もあると指摘している。

(Security NEXT - 2011/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
Facebookの脆弱性にサイバー攻撃、約5000万ユーザーに影響 - 誕生日祝福機能にバグ
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も