Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、Android向けセキュリティソフトに新機能 - アプリをホワイトリストで制御可能に

エフセキュアは、Android向けセキュリティ対策ソフト「エフセキュアモバイルセキュリティ for Android」の機能強化を行った最新版を提供開始した。

同製品は、マルウェア対策や不正サイト対策、データ保護、盗難・紛失対策、迷惑電話対策など、複数のセキュリティ機能を提供するAndroid端末向けセキュリティ対策ソフト。

最新版では、従来から提供されているクラウドベースのレピュテーションサービスを強化。これにより、未知の脅威やゼロデイ攻撃へ対応する。

さらにアプリケーションの実行をホワイトリスト方式で制限するアプリケーション通信制御を搭載。安全な連絡先をブラックリスト方式で設定する連絡先フィルタを追加し、より柔軟なペアレンタルコントロールが行える。

価格は、年額3500円。すでに利用中のユーザーは、最新版に自動更新される。

(Security NEXT - 2011/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも