Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスターとDTS、「ドライブバイダウンロード攻撃」の検出技術を開発

ネットスターとDTSは、「ドライブバイダウンロード攻撃」が仕掛けられたサイトを検出する新技術を共同で開発した。

今回両社が開発したのは、ウェブサイト閲覧時に、ユーザーの意図と関係なくマルウェアをダウンロードさせる「ドライブバイダウンロード攻撃」が行われるサイトを検出する技術。

ネットスターでは同技術を活用。URLデータを収集する際にサイトの不正な動作を検出し、同社フィルタリングサービスのデータベースを強化する。

中小企業向け製品「サイトアンパイア」と、スマートフォンやタブレット向けに提供しているブラウザ「NetSTAR ビジネスブラウザ」を手始めに、順次同社製品へ対応させていく予定。

(Security NEXT - 2011/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
「RIG EK」による感染被害が急増 - 警察が約300の踏み台サイトに指導
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
2016年上半期はメール添付ファイルによる攻撃が大幅増 - DBD攻撃は縮小
サイト改ざんが1.5倍強、ランサムウェア感染のDBD攻撃なども - DoS攻撃は約8倍に
ランサムウェア対策、被害に備えて定期的なバックアップを
2015年下半期はDBD攻撃が約1.4倍に - 9割超がFlash脆弱性を悪用
DBD攻撃防ぐMenlo Security、国内展開を強化
「Citadel」が活動を再開か - DBD攻撃をJPCERT/CCが観測
「CryptoWall」の感染狙うDBD攻撃が12月中旬より増加 - 「vvvランサムウェア」感染活動も断続的に