Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lyceum CapitalがClearswiftを買収 - 国内営業体制は従来通り

イギリスの投資会社であるLyceum Capitalは、メールやウェブゲートウェイ分野のセキュリティ対策製品を提供している英Clearswiftを買収した。

Clearswiftは、全社員170人でイギリスを中心にドイツ、スペイン、日本、米国、オーストラリア、オランダに拠点を展開している。

Lyceum Capitalでは、IT業界への投資を強化しており、今回の買収でClearswift株式の過半数を獲得。Lyceum Partnersより取締役2名を派遣する。

またClearswiftの取締役会会長にIRIS SoftwareのCEOを務めたMartin Leuw氏が就任。Lyceum Capitalの支援のもと、成長計画を推し進める。

日本法人であるクリアスウィフトでは、今回の買収による国内における販売、サービス体制の変更などはないとしており、引き続き従来と同様の営業体制を継続していく。

(Security NEXT - 2011/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、Carbon Blackの買収で合意
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
チェック・ポイント、Dome9を買収 - クラウドセキュリティを強化
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD