Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Lyceum CapitalがClearswiftを買収 - 国内営業体制は従来通り

イギリスの投資会社であるLyceum Capitalは、メールやウェブゲートウェイ分野のセキュリティ対策製品を提供している英Clearswiftを買収した。

Clearswiftは、全社員170人でイギリスを中心にドイツ、スペイン、日本、米国、オーストラリア、オランダに拠点を展開している。

Lyceum Capitalでは、IT業界への投資を強化しており、今回の買収でClearswift株式の過半数を獲得。Lyceum Partnersより取締役2名を派遣する。

またClearswiftの取締役会会長にIRIS SoftwareのCEOを務めたMartin Leuw氏が就任。Lyceum Capitalの支援のもと、成長計画を推し進める。

日本法人であるクリアスウィフトでは、今回の買収による国内における販売、サービス体制の変更などはないとしており、引き続き従来と同様の営業体制を継続していく。

(Security NEXT - 2011/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
Lenovoの「RackSwitch」「BladeCenter」にバックドア - 買収前の2004年から存在
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏