Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護支援専門員の研修受講者名簿を紛失 - 都福祉保健財団

東京都福祉保健財団は、介護支援専門員の研修会場において、研修受講者の個人情報含む資料を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、11月18日に実施された都の介護支援専門員更新研修の受講者名簿。研修を実施した同日の12時45分から15分ほどの間に、受付のテーブルからなくなったという。

同名簿には、136人分の氏名、登録番号、生年月日などが含まれており、周辺を捜索したが見つからなかったため、同財団では警察や都に届けた。また対象となる受講者に電話で謝罪している。

(Security NEXT - 2011/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
県立高で個人情報含むファイルを誤送信 - 新潟県
農産物栽培協力者の個人情報含む名簿を紛失 - 東京都
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
県民意識調査の対象者名簿が所在不明に - 福岡県