Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本とASEAN諸国で情報セキュリティ対策の啓発活動を展開

第4回日・ASEAN情報セキュリティ政策会議が、11月21日、22日にマレーシアのクアラルンプールで開催された。日本と参加10カ国は連携や取り組みの強化を確認し、共同で情報セキュリティ対策の啓発活動に取り組むことで合意した。

今回の会議では、「地域経済の連結性の強化」や「産業競争力の向上」における情報セキュリティの重要性を確認。引き続き国際的な連携を強化していくことをあらためて確認した。

情報セキュリティに関する意識啓発を共同で推進することで一致し、日本からはASEAN諸国へ、教材を提供など協力していく。

また2012年から共通したロゴやスローガン「BeAware,Secure,and Vigilant」をもとに、取り組みを推進。啓発を目的としたウェブサイトを開設するほか、2012年10月に共同で意識啓発活動を実施することで合意した。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
会議配布資料で不十分な墨塗り、意見提出者の個人情報が漏洩 - 経産省
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
政府、セキュリティ啓発でTVアニメ「BEATLESS」とタイアップ