Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本とASEAN諸国で情報セキュリティ対策の啓発活動を展開

第4回日・ASEAN情報セキュリティ政策会議が、11月21日、22日にマレーシアのクアラルンプールで開催された。日本と参加10カ国は連携や取り組みの強化を確認し、共同で情報セキュリティ対策の啓発活動に取り組むことで合意した。

今回の会議では、「地域経済の連結性の強化」や「産業競争力の向上」における情報セキュリティの重要性を確認。引き続き国際的な連携を強化していくことをあらためて確認した。

情報セキュリティに関する意識啓発を共同で推進することで一致し、日本からはASEAN諸国へ、教材を提供など協力していく。

また2012年から共通したロゴやスローガン「BeAware,Secure,and Vigilant」をもとに、取り組みを推進。啓発を目的としたウェブサイトを開設するほか、2012年10月に共同で意識啓発活動を実施することで合意した。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
NRIセキュア、セキュリティのお悩み支援サービス - 過去事例など情報提供
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研