Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水道使用者の個人情報3700件が未施錠の車内から盗難 - 横須賀市

横須賀市上下水道局は、委託先で盗難が発生し、水道利用者約3700人の個人情報が記載された資料が被害に遭ったと発表した。

11月22日、同市が漏水調査を委託しているサンリーク東京支店の作業員が調査業務中、車内から水道管路基本図1枚が盗まれたもの。作業中、車両は施錠されていなかったという。

同資料には、水道使用者の氏名、住所、水道メーターの位置、鉛管使用家屋、調査情報メモなど約3700件の個人情報が含まれており、24日に盗難届を提出した。同市では、対象者への謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産