Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ発動機、子会社からリコール関連の顧客情報が流出

ヤマハ発動機は、子会社よりリコールに関連する一部顧客情報が外部に流出したと発表した。

ヤマハ発動機販売が管理していたリコールや改善対策対象の二輪車に関する顧客情報607件が外部へ流出したもの。愛知県、福岡県、鹿児島県に在住する一部顧客の氏名や住所、車種、車台番号、販売店名など含まれる。

11月11日に漏洩を指摘する匿名のファックスを受信。調査を進めていたが、11月22日に別の第三者経由で情報提供があり、同日漏洩を確認した。同社では、顧客情報が流出した経緯など詳細を調べている。

(Security NEXT - 2011/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大