Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ発動機、子会社からリコール関連の顧客情報が流出

ヤマハ発動機は、子会社よりリコールに関連する一部顧客情報が外部に流出したと発表した。

ヤマハ発動機販売が管理していたリコールや改善対策対象の二輪車に関する顧客情報607件が外部へ流出したもの。愛知県、福岡県、鹿児島県に在住する一部顧客の氏名や住所、車種、車台番号、販売店名など含まれる。

11月11日に漏洩を指摘する匿名のファックスを受信。調査を進めていたが、11月22日に別の第三者経由で情報提供があり、同日漏洩を確認した。同社では、顧客情報が流出した経緯など詳細を調べている。

(Security NEXT - 2011/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大