Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、Android端末管理サービスを提供開始 - ASPとオンプレミスの2プラン

KDDIは、同社のAndroid搭載スマートフォンを利用する法人を対象に、スマートフォンセキュリティ管理サービス「KDDI 3LM Security」の提供を開始する。

同サービスは、デバイスやアプリケーションの管理を実現するソリューション。ASPとして提供する「ベーシックプラン」と、顧客施設にサーバを設置する「アドバンスドプラン」を用意している。

紛失時にリモートから端末のロックやデータの削除、位置検索が行える端末情報のセキュリティ対策機能を提供。さらにカメラや無線、ワンセグなどのデバイス制御やアプリケーションの制御、パスワードやポリシーの管理、デバイス情報収集機能を利用することが可能。

またアドバンスドプランでは、「VPN接続」や「Exchange」との連携に対応。イントラネットへの安全なアクセス環境を提供する。

1IDあたりの月額利用料は、アドバンスドプランが840円、ベーシックプランが315円。別途、契約ごとに初期費用と月額基本料が必要。また月額基本料と月額利用料を2012年3月31日まで無料で提供するキャンペーンを実施する。

(Security NEXT - 2011/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ