Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Monkif」減少するも「SpyEye」が増加 - ラック2011年上半期まとめ

ラックは、同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」で観測した2011年上半期のインシデント状況について取りまとめた。

同社によれば、クライアントPCに対する脅威は、2010年11月に1カ月間で800件以上と通常の倍以上となる値を観測してピークを迎えたが、「Monkif」の感染活動減少などを背景に、2011年1月には約300件まで減少、6月には100件強まで縮小した。

内部ネットワークからの通信によるインシデントが、大半を占めている状況で、内部ネットワークにおける検知件数を見ると「Conficker」と「Monkif」がそれぞれ22%と同率で最多だった。

以降は、「ET Trojan」が12%、「Mariposa」が11%で続いている。「Gumblar X」はボットネットの活動停止により従来ほど活動は活発ではないが、1%と少ないながら一部亜種の活動が検知されている。

(Security NEXT - 2011/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移