Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

侵入防止やクラウド型ファイル評価機能を搭載した「ESET」最新版が発売 - Macハイブリッドパッケージも

キヤノンITソリューションズは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ESET Smart Security V5.0」、およびウイルス対策に特化した「ESET NOD32アンチウイルス V5.0」を12月15日より発売する。

111116ci_02.jpg
ESET Smart Security V5.0

「ESET Smart Security」は、ウイルスやスパイウェアの対策機能をはじめ、ファイアウォール、迷惑メール対策、フィッシング対策など備えたセキュリティ対策ソフト。

最新版では、従来の自己防衛機能などを統合した侵入防止システム「HIPS」をあらたに搭載した。「システムレジストリ」「プロセス」「アプリケーション」「ファイル」に対する変更ルールを設定することができる。

さらに1億超のユーザーから集積したデータベースによるホワイトリストを利用し、ファイルの安全性を評価する「ESET Live Grid」を追加。「実行中のプロセス」画面で、各ファイルの評価情報を表示できるほか、疑わしいファイルの提出や匿名の統計情報をESETに送信できる。

111116ci_01.jpg
ESET NOD32アンチウイルス V5.0

またウェブアクセスを制御するペアレンタルコントロールや、ゲームプレイ中にポップアップ通知を一時停止できるゲームモードを装備したほか、動作を軽量化したという。

PC2台で1年、あるいは1台で2年間利用できる新規導入用のパッケージは7140円。1台のPCで3年間使える5万本限定パックが1万290円。

「ESET NOD32アンチウイルス」は、ウイルス、スパイウェア対策に特化した製品で、WindowsもしくはMac OS Xのいずれか1台で利用できる。価格は5040円。

(Security NEXT - 2011/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース