Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

侵入防止やクラウド型ファイル評価機能を搭載した「ESET」最新版が発売 - Macハイブリッドパッケージも

キヤノンITソリューションズは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「ESET Smart Security V5.0」、およびウイルス対策に特化した「ESET NOD32アンチウイルス V5.0」を12月15日より発売する。

111116ci_02.jpg
ESET Smart Security V5.0

「ESET Smart Security」は、ウイルスやスパイウェアの対策機能をはじめ、ファイアウォール、迷惑メール対策、フィッシング対策など備えたセキュリティ対策ソフト。

最新版では、従来の自己防衛機能などを統合した侵入防止システム「HIPS」をあらたに搭載した。「システムレジストリ」「プロセス」「アプリケーション」「ファイル」に対する変更ルールを設定することができる。

さらに1億超のユーザーから集積したデータベースによるホワイトリストを利用し、ファイルの安全性を評価する「ESET Live Grid」を追加。「実行中のプロセス」画面で、各ファイルの評価情報を表示できるほか、疑わしいファイルの提出や匿名の統計情報をESETに送信できる。

111116ci_01.jpg
ESET NOD32アンチウイルス V5.0

またウェブアクセスを制御するペアレンタルコントロールや、ゲームプレイ中にポップアップ通知を一時停止できるゲームモードを装備したほか、動作を軽量化したという。

PC2台で1年、あるいは1台で2年間利用できる新規導入用のパッケージは7140円。1台のPCで3年間使える5万本限定パックが1万290円。

「ESET NOD32アンチウイルス」は、ウイルス、スパイウェア対策に特化した製品で、WindowsもしくはMac OS Xのいずれか1台で利用できる。価格は5040円。

(Security NEXT - 2011/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース