Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クロネコメール便960件を滞留、700件はすでに廃棄 - 発送元など特定できず

ヤマト運輸は、栃木の2支店において、クロネコメール便合わせて約960件が未配達だったことを明らかにした。そのうち約700件に関しては、すでに処分されている。

メール便の未配達が発生したのは、栃木主管支店の管轄下にある益子・烏山支店および宇都宮さくら支店。2006年9月から2011年8月の間に、法人顧客が発送した約960件について社員が滞留させ、そのうち約700件は裁断や焼却による廃棄処分を行ったという。

廃棄されず残っていた260件については、発送元への説明と謝罪を行って個別に対応した。廃棄された分については発送元を特定できず、心当たりがある場合は同社へ連絡してほしいと呼びかけている。

同社では今回の問題を受け、あらためて従業員教育を徹底するなど再発防止に取り組む方針。

(Security NEXT - 2011/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
事務処理ミスや誤配達でマイナンバーが漏洩 - 札幌市
個人データ漏洩、報告は「努力義務」で不要な場合も - 個人情報保護委がパブコメ実施
「発送」「お届け」を装った佐川急便の偽メールに注意 - 問い合わせが増加
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素
2016年2Qの標的型攻撃メールは35件 - PW付きrarファイルで検知回避狙う
ガソリンスタンドで顧客情報入りPCを紛失 - シナネン
「宅配便の再配達に料金が発生」 - 国交省職員名乗る詐欺に注意
ネットバンキング狙うマルウェア、前四半期比2倍超に - 偽日本郵政メールなどで拡散