Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正証明書問題、米Digicertには影響なし - 名称類似するも両社は関係なし

米国の認証局であるDigiCertは、脆弱な証明書を発行したマレーシアの認証局「DigiCert Sdn.Bhd」と無関係であり、影響を受けないとアナウンスしている。

米DigiCertは、両社が無関係の別会社であり、提携関係などもないと説明。今回の不正証明書発行問題で影響を受けないことを強調している。

国内で米DigiCertの代理店を展開するアールエムエスも、両社は偶然名称が類似していただけでまったく関係ないと発表。2048bitの鍵長を利用し、ドメイン所有者が実在していることを確認して発行している点など、安全性をアピールしている。

(Security NEXT - 2011/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、「macOS High Sierra 10.13.3」などMac向けにセキュリティアップデート
Apple、「iOS 11.2.5」をリリース - 脆弱性13件を修正
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
Savitech製USBオーディオ機器ドライバが勝手にルート証明書を追加
OpenSSLにセキュリティアップデート - 脆弱性2件を修正