Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidマルウェアが急増、1カ月で290件 - 年内に1000件突破の可能性

Android向けマルウェアが急増している。トレンドマイクロでは、10月の1カ月間に新種マルウェア290件を定義ファイルへ追加したという。

同社では、2010年12月に5件のAndroid向けマルウェアをセキュリティ対策ソフトの定義ファイルへ登録したことを皮切りに、対応を進めてきた。2011年に入ってからは増加傾向が続き、9月末の時点で238件のマルウェアに対処している。

しかし、10月の1カ月間でこれまでの累計を大きく上回る290件をあらたに確認。定義ファイルへの登録数は533件へと急増した。今後も10月と同様に高い水準で推移すれば、年内に1000件を突破することになる。

同社では、PCに比べマルウェアの件数は少ないとしつつも、Android端末の普及や、アプリケーションの増加にともない、脅威が増加することは避けられないと指摘。セキュリティ対策などの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件