Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ネット発言に返答すれば知人と見なす」3割弱 - ネットだけのつきあい平均14.35人

実名や顔を知らなくても、インターネット上の発言に返答した相手に対し、3割近い人が「知人」と見なすと思っていることが、ネットエイジアと第一生命経済研究所の調査でわかった。また平均14.35人とネット上だけのつきあいを持っているという。

両社が、9月に全国の15歳から44歳までのブログやSNS利用者1020人を対象に、対人関係などについて、携帯電話上でアンケート調査を実施した結果、判明したもの。

友人知人の平均人数を見ると、SNSなどネット上だけのつきあいである人は、平均14.35人。10代では、22.06人と他世代の倍近い人数とつきあっていた。ふだんメールで連絡を取る人(8.55人)、よく会っておしゃべりする人(8.39人)など、実際に面識がある交友関係を大きく上回る。

82.5%が、実名や顔を知っている人の方が信じられると回答する一方、57%が実名や顔を知らない相手に対して、親近感を感じることがあると回答している。

氏名や顔を知らない相手でも、45.3%が「ネット上で何度かやり取り」を行うことで知人と見なすとしており、「ハンドルネームやアバターなどの、決まった呼び名で交流」することについても、43.4%が知人と見なすと答えている。

また割合が下がるものの、「自分の発言に返答してくれた」場合についても、28.7%が知人と見なしており、10代では38.2%とより高い割合を示している。

(Security NEXT - 2011/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も