Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSK Winテクノロジ、メール誤送信対策サービスがOffice 365に対応

CSK Winテクノロジは、メールの誤送信を防止するオンラインサービス「PlayBackMail Online」において、「Microsoft Office 365」への対応を発表した。

同サービスは、メール送信を一定期間保留し、送信者がミスに気付いた場合に送信をキャンセルできる誤送信対策ソリューション。添付ファイルの暗号化や「BCC」への強制変換、上長承認機能なども利用できる。

今回の機能強化により、「Office 365」のウェブメールにおいて、同ソリューションの誤送信防止機能がすべて利用可能になった。初期費用が10万4790円。月額利用料は1ユーザーあたり157円。

(Security NEXT - 2011/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に