Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSK Winテクノロジ、メール誤送信対策サービスがOffice 365に対応

CSK Winテクノロジは、メールの誤送信を防止するオンラインサービス「PlayBackMail Online」において、「Microsoft Office 365」への対応を発表した。

同サービスは、メール送信を一定期間保留し、送信者がミスに気付いた場合に送信をキャンセルできる誤送信対策ソリューション。添付ファイルの暗号化や「BCC」への強制変換、上長承認機能なども利用できる。

今回の機能強化により、「Office 365」のウェブメールにおいて、同ソリューションの誤送信防止機能がすべて利用可能になった。初期費用が10万4790円。月額利用料は1ユーザーあたり157円。

(Security NEXT - 2011/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研