Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染による防衛関連の情報流出確認されず - 三菱重工

三菱重工業は、同社のサーバやパソコンにウイルスが感染していた問題で、ウイルス感染が原因となる防衛関連の情報流出は認められなかったと発表した。

今回の問題は、8月中旬に同社本社や生産拠点など11カ所において、標的型攻撃などによりパソコンやサーバ83台がウイルスへ感染していたことが判明したもの。その後、専門家とともにデータ流出の有無について調査を進めていた。

同社は防衛関連データの調査を完了したとし、情報の外部流出はなかったと結論付けた。今後は他製品について、引き続き調査を進めていく。

(Security NEXT - 2011/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響