Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染による防衛関連の情報流出確認されず - 三菱重工

三菱重工業は、同社のサーバやパソコンにウイルスが感染していた問題で、ウイルス感染が原因となる防衛関連の情報流出は認められなかったと発表した。

今回の問題は、8月中旬に同社本社や生産拠点など11カ所において、標的型攻撃などによりパソコンやサーバ83台がウイルスへ感染していたことが判明したもの。その後、専門家とともにデータ流出の有無について調査を進めていた。

同社は防衛関連データの調査を完了したとし、情報の外部流出はなかったと結論付けた。今後は他製品について、引き続き調査を進めていく。

(Security NEXT - 2011/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
「端末がウイルスに感染」と脅して偽サイトへ誘導 - ドコモかたるフィッシング
「三菱クレジットカード」を名乗るフィッシング攻撃
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に