Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の半数は脆弱性狙い - 日本特有のアプリも対象に

標的型攻撃の約半数が脆弱性を悪用する攻撃であることが、トレンドマイクロの調査により判明した。国内向けソフトの脆弱性も攻撃で狙われている。

2011年4月から10月までに同社が国内で収集した標的型メール攻撃について、同社では50件をサンプルとして抽出。添付されたファイルの傾向を調べた。

同社によれば、48%にあたる24件は実行ファイル形式だったが、残り26件はいずれもOSやアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃だったという。

脆弱性に対する攻撃でもっとも多かったのが「PDFファイル(28%)」。Wordのドキュメントファイルが12%、ヘルプの脆弱性を狙った攻撃が6%で続く。また「Excel」「一太郎」「スクリーンセーバー」のファイル形式もそれぞれ1件ずつ含まれていた。

(Security NEXT - 2011/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減