Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、エージェントレスで仮想サーバの不正変更を検知できる「TMDS 8.0」

トレンドマイクロは、サーバ用セキュリティ対策ソリューション「Trend Micro Deep Security(TMDS)」の最新版を12月19日より販売開始する。最新版では仮想サーバにおけるエージェントレスの不正変更検知に対応した。

同製品は、「ファイアウォール」「ファイルやレジストリなどの変更監視」「ログ監視」「ウイルス対策機能」など備えたサーバ向けセキュリティ対策ソリューション。

「脆弱性対策」では、OSやアプリケーションの脆弱性が判明した際、修正プログラムが適用されるまで仮想パッチを適用することが可能。ゼロデイ攻撃から保護することができる。

エージェントを利用してサーバの防御を行う「Deep Securityエージェント」にくわえ、仮想サーバの一元的なセキュリティ対策を実現する「Deep Securityバーチャルアプライアンス」を用意。ユーザーは必要に応じて導入でき、一元管理できる。

今回発売する最新版の「同8.0」では、ヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用し、仮想マシンにおけるエージェントレスの不正変更検知に対応した。前バージョンで対応したウイルス対策とあわせ、エージェントレスによる仮想サーバのセキュリティ対策を強化した。

さらに「Trend Micro Smart Protection Network」を利用した新機能を搭載。ウェブレピュテーションによる不正サイトへ接続を防止できる。

「Deep Securityエージェント」で、「脆弱性対策」「ファイアウォール」「ファイルやレジストリなどの変更監視」「ログ監視」に対応する「同Standard」は18万7950円。「ウイルス対策」を追加した「同Advance」は、22万4175円。

一方、仮想サーバにおける「脆弱性対策」「ファイアウォール」「ファイルの変更監視」を実現する「同Virtual Appliance Standard」は34万6500円、ウイルス対策を追加した「同Virtual Appliance Advance」は 42万円。

一部機能機能に特化したラインナップなども別途用意した。同社は、同製品について今後1年間に5億円の売上を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2011/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料