Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資産管理からセキュリティチェックまで提供するクラウド型サービス - 日本事務器

日本事務器は、資産管理からセキュリティ対策までトータルで提供する「Asset CHECKER クラウド」を提供開始した。

同サービスは、クライアントソフトのインストールのみで利用できるサーバ不要のサービスで、4種類のサービスとヘルプデスクから構成されている。

「資産管理サービス」では、クライアントPCのハードウェア、ソフトウェア情報を収集してデータベースを自動的に作成する機能を提供。また「危険ソフトウェア通報サービス」にて、情報漏洩のリスクが高いソフトを監視し、アラートを表示する。

さらにUSBメモリの接続制限を行う「USBメモリ制御サービス」、OSのパッチ適用やウイルス対策ソフトの状況などをチェックする「セキュリティポリシーチェックサービス」を用意した。

料金は、全サービスが利用できるスタンダード版が、1台あたり月額400円。資産管理サービスを除くセキュリティ版が月額300円。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立