Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資産管理からセキュリティチェックまで提供するクラウド型サービス - 日本事務器

日本事務器は、資産管理からセキュリティ対策までトータルで提供する「Asset CHECKER クラウド」を提供開始した。

同サービスは、クライアントソフトのインストールのみで利用できるサーバ不要のサービスで、4種類のサービスとヘルプデスクから構成されている。

「資産管理サービス」では、クライアントPCのハードウェア、ソフトウェア情報を収集してデータベースを自動的に作成する機能を提供。また「危険ソフトウェア通報サービス」にて、情報漏洩のリスクが高いソフトを監視し、アラートを表示する。

さらにUSBメモリの接続制限を行う「USBメモリ制御サービス」、OSのパッチ適用やウイルス対策ソフトの状況などをチェックする「セキュリティポリシーチェックサービス」を用意した。

料金は、全サービスが利用できるスタンダード版が、1台あたり月額400円。資産管理サービスを除くセキュリティ版が月額300円。

(Security NEXT - 2011/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic