Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テラス、エージェントレスのSaaS型監査証跡サービスを提供

テラスは、SaaS型監査証跡クラウドサービス「トラックガーディアン」の提供を開始した。

同サービスは、フィンランドのTectia製監査証跡取得ソフトウェア「Tectia Guardian」を利用したSaaS型監査証跡サービス。「SSH」や「RDP」によるシステムへのリモートアクセスや操作履歴のログデータを取得、保存できる。

暗号化ファイルとして保存し、改ざんができないため監査証跡データとして利用することが可能。ログの保存期間経過後もログをローカルに保存し、専用ツールで確認できる。

またエージェントのインストールが必要なく、サーバへのアクセス先を同サービスに切り替えるだけで利用可能。SaaS型サービスのため、機器の導入やメインテナンスが不要で、ブラウザ上の管理画面から解析レポートや捜査履歴の動画を閲覧できる。

サービス開始当初「SSH」より対応し、サーバ1台あたりの月額利用料は3万6750円から。別途初期費用10万5000円が必要で、最低利用期間は1年以上。6カ月や12カ月のサービスも用意している。

(Security NEXT - 2011/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供